NEWS

福田雄一さん最新ミュージカル「サムシング・ロッテン!」出演決定!

2018.03.14 UP

 

福田雄一最新ミュージカル「サムシング・ロッテン!」に橋本さとしの出演が決定いたしました!

ブロードウェイで話題のコメディミュージカル、待望の日本版が早くも上演決定!

 

■本作について 
タイトルの“Something Rotten!“=サムシング・ロッテン!とは直訳すると「何かが、腐っている!」という意 味。これはハムレットの一節”something is rotten in the state of Denmark.”(このデンマークでは何かが腐ってい る。)を思わせるタイトルですが、本ミュージカルはこのように複数の戯曲、ミュージカル作品へのオマージュが 随所に登場するコメディミュージカルです。 1990年代にケイリーとウェインのカークパトリック兄弟のアイデアから始まり、2015年にブロードウェイにてオ ープンしました。当初はシアトルにて五番街劇場で試験興行する予定でしたが、内容が評価され、すぐにブロード ウェイでの上演が決まり、現在は全米をツアー中です。「コーラスライン」、「アニー」、「レ・ミゼラブル」な どの人気ミュージカル作品や、シェイクスピア作品を彷彿とさせるシーンの数々が、舞台・ミュージカルファンの 心をくすぐるとして話題になり、2015年のトニー賞では1部門受賞、9部門にノミネートされました。 

 

▪️あらすじについて

ルネサンス時代のイギリス。売れない劇作家であるニック(中川晃教)は弟のナイジェル(平方元基)と 共に自身の劇団を運営していた。時代の寵児であり、スーパースターの劇作家シェイクスピア(西川貴教)
にニックは対抗心をむき出しにするが、劇団運営に行き詰まり、妻ビー(瀬奈じゅん)の目を盗んで予言者 ノストラダムス(橋本さとし)のもとを訪ねる。そして、彼のお告げに従い、世界初の歌って踊る「ミュー ジカル」を書こうと決意するのだった。  その後もノストラダムスのもとへ通うが、出てくるのは頼りない予言ばかり...ヒット確実な作品タイトル は「オムレット」(実は「ハムレット」の間違い)だと言われ、ニックはミュージカル「オムレット」を生 み出すために悪戦苦闘する。作家の才能を秘めている弟のナイジェルは、兄の言うことを聞きつつも「卵の 物語なんか書きたくない!」と思い悩む。そんななか、出会った美しい清教徒の娘ポーシャ(清水くるみ) と恋に落ち、新たなインスピレーションが生まれていた。  一方、「ロミオとジュリエットに続く大ヒット作を書かねば」と人知れず思い悩んでいたシェイクスピア は、以前からナイジェルの才能に目をつけていて、彼からなんとか次作のアイデアを得ようと画策する。 「トービーベルチ」と名乗る役者に化け、ニックの劇団に潜入し、後の大ヒット作となる「ハムレット」の 土台となるアイデアをどんどん盗んでいくが...

 

▪️スタッフ


       作詞・作曲  :ウェイン・カークパトリック、ケイリー・カークパトリック
       脚本     :ケイリー・カークパトリック、ジョン・オファレル
       演出・上演台本:福田雄一
       振付     :上島雪夫
       音楽監督・指揮:上垣聡
       歌唱指導   :山川高風
       美術     :二村周作
       照明     :高見和義
       音響     :山本浩一
       衣裳     :十川ヒロコ
       ヘアメイク  :宮内宏明
       舞台監督   :津江健太
       演出助手   :伊達紀行

 

▪️公演概要

ミュージカル「サムシング・ロッテン!」

出演

中川晃教 西川貴教 瀬奈じゅん 平方元基 清水くるみ 橋本さとし
 池田紳一 可知寛子 小暮キヨタカ 小山侑紀 坂元宏旬 高橋卓士 高原紳輔 竹内真里 常住富大 丹羽麻由美 伯鞘麗名 福田えり 辺田友文  横山敬 横山達夫  ほか

会場・期間

【東京】 東京国際フォーラム ホールC 2018年12月17日~30日
【大阪】 オリックス劇場 2019年1月

 

 

【橋本さとしコメント】
何本かミュージカル作品に出演させていただきましたが、まだまだミュージカル俳優と呼ばれる事 におこがましさを感じてしまいます。ですが僕はミュージカルが好きです。この作品に散りばめられ た数々のミュージカルの名作に対して単にパロディーだけでなく愛とリスペクトを込めて演じて、こ の作品を終えた時には橋本さとしも立派なミュージカル俳優と呼ばれるでしょう。もしくは2度とミュ ージカルするな!と言われるでしょう。どっちかです。ダメならシェイクスピア俳優を目指します。 福田雄一さんとの仕事も楽しみです。お客さんを楽しませて笑顔にする娯楽エンターテインメントに 徹底した演出に、アドリブが苦手な自分がどう色をつけれるか、本能と直感で臨みたいと思います。